一時支援金・月時支援金の登録確認機関

当事務所は、月時支援金の登録確認機関です。

 事前確認に関する手数料等はいただきません(無料)。(業務の間に行いますので、対応できない場合がありますので、ご了承下さい。)

 

*平日の場合、業務の都合上,原則17時以降のご予約となります(17時以降の時間帯ならば、可能な限り遅い時間でも対応致します)。土日祝は、終日対応しています。

 

*小田原市内の方は原則、対面でやらせていただきます。遠方の方はZoomでの対応も可能です。

 

 4月20日 追記

 お問い合わせ件数が多くなってきていますので、事前確認ご希望の場合、下記メールフォームにそって全てご記入の上で、①事業内容、②希望面談日時(第3~第5希望ぐらいまで)、③事前確認必要書類がお揃いかどうかをご記入して頂き送信して下さい。順番にご対応しますのでご連絡が遅くなる場合があります。

 現在すべての業務を一人で行っていますので、ご協力をお願いします。

 

* 事前確認必要書類 

①確定申告書2年分(直近2年分)

②売上台帳(2019年から2021年3月まで)、請求書等

③入金が確認できる通帳(上記に対応するもの)

④顔写真付きの身分証明書(法人の場合、履歴事項全部証明書)

⑤宣誓同意書(署名したもの)

 

5月6日追記

 当事務所でのお問い合わせを多数頂いており、すべて対応しきれません。

 ご対応できないことがあります。その際は、下記の事務所をご紹介させていただきます。当事務所と同じく無料でご対応していただけます。

 *お問い合わせする際は必ず①お名前②電話番号を記載してメールを送信をお願い致します。

 

 

wittington(ウィッティントン)行政書士事務所

神奈川県横浜市中区海岸通3丁目9番 横浜郵船ビル206

行政書士 久枝悠人(ひさえだ ゆうと)

アドレス info@wittingtonjapan.com 

すぐ下にHPのリンクがあります。

一時支援金

1 月時支援金 

 

 2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動 の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等を対象に、「緊急事態宣言 の影響緩和に係る一時支援金(以下「一時支援金」という。)」が支給されます。

 

・緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けた事業者は対象となり得る

 

・2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少した事業者

 

2 必要書類(個人事業主の場合)

 

(1)確定申告書 :2019年及び2020年の確定申告書

(2)売上台帳 :2021年の対象月の売上台帳

(3)宣誓・同意書

(4)本人確認書類:運転免許証、マイナンバーカード、写真付きの住民基本台帳カード等 

(5)通帳 :銀行名・支店番号・支店名・口座種別・ 口座番号・名義人が確認可能なページ

事前確認機関

 月次支援金の給付を受けるには月時支援金の登録確認機関 による事前確認を受ける必要があります。

 

(1)認定経営革新等支援機関

 中小企業等経営強化法に基づき認定を受けた税理士、中小企業診断士、行政書士など

 

(2)認定経営革新等支援機関に準ずる機関

(3)上記を除く機関又は資格を有する者
 一時支援金の登録確認機関 

□ 商工会  商工会議所
 農業協同組合  漁業協同組合
 預金取扱金融機関  中小企業団体中央会
 税理士  税理士法人  中小企業診断士
 公認会計士  監査法人
 行政書士  行政書士法 等

お気軽にお電話でご連絡ください
0465-46-6795 0465-46-6795
9:00~20:00
Access

小田原・平塚で行政書士へのご相談をお考えの方はぜひご利用ください

概要

店舗名 北條行政書士事務所
住所 神奈川県小田原市久野434-9
電話番号 0465-46-6795
営業時間 9:00~20:00 土日、祝日もご対応致します。 *お電話、メールは、上記の時間以外でも対応致します。 お気軽にご相談ください。
定休日 なし

アクセス

 小田原・平塚エリアで遺言書作成や相続手続き、車庫証明、飲食店の営業許可をはじめ、各種許認可でお悩みの方は、北條行政書士事務所にご相談ください。ご遺族様にご自身の大切な気持ちをお伝えするお手伝いから、車庫証明代行、各種許認可の取得までサポート致しますので、ご相談下さい。初回のご相談は無料です。
 小田原・平塚以外の方のご相談にもご対応致しますので、お気軽にご相談ください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事